【MAC 標準】キーボード設定:スペイン語の入力切り替え

注)macOSのお話です。

英語に加えて、他の外国語を学習をする場合、キーボードで特殊文字が打てる必要があります。

スペイン語も、á é í ó ú  などのアクセントが付く単語だったり、ñ  のティルデが付くもの、記号でも逆さのクエスチョンマーク( ¿ )やエクスクラネーションマーク( ¡ )などなど、いろいろあるわけですが、これらを入力したい場合は、まず、システム環境設定 → キーボードの入力ソースでスペインを追加します。

+マークで言語を選択して追加できます。

こうして追加しておけば、あとはテキスト入力する際に使いたい言語に切り替えればいいのですが、ここでめんどくさいことが起きました。

Macだと言語切り替えする際のショートカットキーはcontrol + SPACE 。

が、スペイン語を追加したとたんにこのショートカットがうまく機能しなくなりました。

英語と日本語だったのをスペイン語と日本語にして、切り替えはうまくいっていたのですが、英語に戻すと、英語とスペイン語で切り替わってしまったり…

どのタイミングで替えてもうまくいかず、使いずらかったので、何かいい方法はないかとググって調べてみたもものあまり良さそうなものはなく。

でも、実は最も簡単な方法がすぐ近くに標準でありました💦

「Caps Lockキーで最後に使用したラテン語系入力ソースと切り替える」

このチェックボックスにチェックを入れておくと、Caps Lockを押すだけで日本語 ⇄ 英語/スペイン語の切り替えができるようになります。

あくまで最後に設定した言語と日本語とで切り替わるということですが、これなら、日本語との切り替えができなくなったー!などということはなくストレスなく使えるようになりました。

ちなみにこのチェックボックスをオンにしてしまうと、元々のCaps Lockを押すと大文字になる機能がオフになりますが、長押しすることで大文字入力になります。

簡単なことなのに私は気づくまでにだいぶ時間がかかりました💦
もしかしてどなたかのお役に立つかもしれないので、ここに記載しておきます。

英語でスペイン語を学ぶオススメ教材 2選