海外ドラマで英語学習 2022 〜 今、イチオシのドラマは?

日本にいて英語漬けになるなら、まずは海外ドラマや映画を観まくる!というのが鉄板かと思いますが、観るにしても英語学習に活用するなら面白くて繰り返し観れるものがいいですよね。

私の最近のイチオシは、ディズニープラスで配信中の「マーダーズ・イン・ビルディング」(原題:Only Murders In The Building)です。

アメリカのドラマで主演はスティーブ・マーチン、マーティン・ショート、セレーナ・ゴメスの3人。自分たちが住むマンションで起きた殺人事件の犯人を突き止めていくミステリーコメディ。おじいちゃん世代の2人の中に紅一点若い女性というその組み合わせの珍しさに加えて、3人のやりとりが見応えありなのです。

ドラマで英語学習をするには

英語のドラマを学習用に観るにはどうしていったらいいでしょうか、と聞かれることが多いのですが、これもやり方は人それぞれでもちろんレベルによっても変わります。

ドラマの英語は速くて聞き取るのが難しいという初級者だったら、まずは日本語字幕か吹き替えで内容を把握した上でどう吟味していくかを考えるほうが効率的です。

内容が分かったら、負担にならなければひたすら英語字幕を見ながらリスニングを繰り返すでもいいですし、時間があれば、知らない表現や単語をチェックしたり、もちろんできるなら、セリフを自分でもリピートして言ってみたり、シャドーイングしてみたり。やり方は千差万別です。

今や配信サービスにあるコンテンツは字幕や吹き替えの切り替えが簡単。マーダーズ・イン・ビルディングも言語展開はかなりたくさんあります。

また、最初に日本語で内容把握する時に、実は字幕よりも吹き替えのほうがより細部も分かって良い場合もあります。字幕だとどうしても字数制限があるために(人が1秒間で読めるスピードに合わせるため。映画の字幕は通常1秒4文字まで)情報量が少なくなるからです。

吹き替えは日本語、字幕は英語にして観てみるのもいいですね。

マーダーズ・イン・ビルディングで見つけた英語表現

映画やドラマで単語や表現のチェックをしていると、自分では使わないだろうな、と思うものも多々でてきますが、字幕なしで楽しみたいなら知っておきたいと思います。

マーダーズ・イン・ビルディングのシーズン1第1話で出てきた表現をいくつか紹介します。

Save me a trip. (私が行かずに済んだ→手間がはぶけた)

save someone a trip = (人が)行かずに済む 

Found someone dead. Sounds like they offed themselves
(死体がみつかりました。自殺のようです)

 off oneself = 自らの命を絶つ

 What podcast are you all hooked on?
(あなたたちみんなどのポッドキャストにハマってるの?)

 be hooked on = ~に夢中である、~ハマっている

Nailed it. = 完璧だ、キマったね


どんなドラマもそうですが、しっかり英語を追っていれば、覚えておきたいフレーズ、単語は山ほどでてきます。
2時間以上の映画や1時間ドラマで英語を追うのはキツいと思っても、このドラマみたいに1話の長さがだいたい30分前後であれば、やる気もでるかなと思っています。

ドラマの関連コンテンツも観てみよう!

ドラマ面白い!と思えたら、関連動画をYouTubeで検索して観るのもオススメです。
人気のあるドラマはキャスト出演のTV番組やインタビュー動画もたくさん探せるので、生の英語に触れられるチャンスです。リスニングに自信がある方はぜひチャレンジしてみてください。


裏話ポッドキャストも

マーダーズ・イン・ビルディングはスピンオフ的な感じでポッドキャストも配信されていて、制作陣の裏話を聞くことができます。

Only Murders In The Building Podcast

今回は私がどハマりしているドラマの紹介でした。
また面白いドラマを見つけたら紹介していきたいと思います☆